御修法

後七日御修法は東寺において、真言宗十八本山ご山主猊下をはじめ、各山の高僧方15名にそれぞれの役割を司り、一日三座七間にわたり国家の安泰や世界平和を祈願する修法です。初日の今日は、朝から大荒れの天候でしたが、本坊からお出ましになる正午には、すっきり晴れて暖かくなっていて、行列を見送る園児さんも寒くなくて良かったです。

 

きく(4歳児)さん、なでしこ(5歳児)さんは、行列がお出ましになる15分前に来て待ちました。

001.JPG

 

 

005.JPG

 

 

008.JPG

 

 

009.JPG

 

 

010.JPG

 

 

012.JPG

 

行列に先駆け、御所から勅使がみえ、「灌頂院」に供えるものを、届けられました。

014.JPG

 

 

017.JPG

 

行列のお出ましを待つ、なでしこ(5歳児)さん

021.JPG

 

予定の正午を過ぎ、雅楽が流れ始めたので、園児さんは手を合わせました。

025.JPG

 

行列が出て来られると同時に「南無大師遍照金剛」を唱え続けました。

028.JPG

 

 

031.JPG

 

 

035.JPG

 

 

042.JPG

 

 

046.JPG

 

 

048.JPG

 

 

052.JPG

 

 

054.JPG

 

行列が、「灌頂院」に入られるまで、手を合わせていました。

058.JPG

 

帰り際に、撮りました。

063.JPG

 

 

070.JPG

 

御修法は、8日(初日)から14日(結願)まで行われます。


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM